掲載情報

Compartesコレクション

  • トリュフ
  • ラブフルーツ
  • ラブナッツ
  • オランジェ
  • パウンドケーキ
  • ギフト
  • その他
  • Instagram
  • facebook

過去のプレス掲載情報

    • design_press-us_06

      Brides

      アメリカのウェディング雑誌「BRIDES」にコンパーテスの美しいプリントがされたトリュフチョコレートが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_06

      Brides

      アメリカのウェディング雑誌「BRIDES」にコンパーテスの美しいプリントがされたトリュフチョコレートが紹介されました。

      このコンパーテス ショコラティエのトリュフチョコレートは、ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ローレン・コンラッドなどの有名人もファンになっています。 是非、お試しください!

    • design_press-us_06-03

      Bon Appetit Magazine

      アメリカでも最も人気あるグルメ雑誌「Bon Appetit」にコンパーテスのトリュフが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_06-03

      Bon Appetit Magazine

      アメリカでも最も人気あるグルメ雑誌「Bon Appetit」にコンパーテスのトリュフが紹介されました。

      シルキーガナーシュが真ん中にあるラズベリーピンクペパーコーンとマンゴサフロンのテイスト は貴方も病みつきになる事間違いなし。ジョナサンズ・シグネチャートリュフは1箱20ピース入り。

    • design_press-us_08

      US Weekly

      アメリカの週刊芸能ニュース誌「US Weekly」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_08

      US Weekly

      アメリカの週刊芸能ニュース誌「US Weekly」にコンパーテスが紹介されました。

      The US Buzzzz-O-Meterにてピックアップされました!二コレット・シェリダンとテリ・ハッチャーはL.A.にあるコンパーテスブティックがお気に召したみたいですよ!

    • design_press-us_19

      Time Magazine

      世界中で有名な週刊誌「Time Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_19

      Time Magazine

      世界中で有名な週刊誌「Time Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      日本人女性を良く知る方などにバレンタインの予定はどういうものか尋ねてみて下さい。きっとチョコレートを用意してディナーの振る舞い等を予定している事でしょう。2月14日は女性に対して男性は特別な事をしなければならない日ではございません。男性はもっと後に来る3月14日です。 今年、超高級アメリカブランドのチョコレート、つまりコンパーテスを受け取る日本の男性達は 他の誰よりも美味しい時間を過ごす事が出来る事でしょう。値段も味もベストマッチした最善のプレゼントになる事間違いなしです。

    • design_press-us_21

      W Magazine

      有名な週刊誌「W Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_21

      W Magazine

      有名な週刊誌「W Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

    • design_press-us_24

      Glamour Magazine

      有名ファッション誌「Glamour Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_24

      Glamour Magazine

      有名ファッション誌「Glamour Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      より良い祭日のひと時を演出するギフトガイド チョコレート好きには・・・ この5ピース入りボックスは難民救済の為の100%チャリティーとしてセットでついて来るブレスレットの売上げを提供し ています。

    • design_press-us_23

      Flaunt Magazine

      雑誌「Flaunt Magazine 」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_23

      Flaunt Magazine

      雑誌「Flaunt Magazine 」にコンパーテスが紹介されました。

      CHOCOLATES FOR A CAUSE グレインズオブバラダイス、レッドルーイバスティー。これらは子供達の教育方針や栄養食品の情報を整頓する政策とは異なります。 しかし、チョコ職人ジョナサングラムが一旦ボールをかき混ぜ出せば、それはダルフ難民救済の為の製作となります。 ダルフのリリーフビーズに取り組んでいるコンパーテスショコラティエはアフリカントリュフコレクションをフィーチャーして、グラムのLAブレントウッドにあるブティックを置くチョコレート会社は難民救済活動を行っております。 チョコレート選択の勧め。ハンドメイドのコンパーテスチョコレートは5~10ピースで1箱になっており、全てのケースにアフリカ砂漠から届いたハンドメイドのリリーフビーズブレスレットがついてきます。売上げの一部はダルフで2番目に大きいといわれる難民キャンプや診療所、そして子供達の教育基金を募る非営利団体へ寄付しております。 2007年ロードアイランドは、2003年の争い以降自宅を捨てざるを得なくなった25万人もの人々を含め、多くのダルフール難民のサポートに取り組みました。「去年位にビーズブレスレットをコンパーテスで販売する事になりました。」グラム 「売上げの何%かが難民用住宅の建設費用に充てられています。そして食事も。」グラム 【リリーフビーズ】を通しての取り組みで、我々の貢献が彼らの生活を助ける事が出来ると知りました。それ以後、私は販売を続け、更にはアフリカンコレクションをも出すようになりました。グラムは3日間ホテルに自ら缶詰めとなってアフリカのレシピ本を読み尽くしました。新たなテイストと誰も知らない味覚を追い求めて。 「僕はある意味最狂の科学者ですよ」(笑)「いつも2~3種類の味を組み合わせたくて、誰も期待はしないだろうけど、チョコレートをサボリーにすらしてしまいたい位なんですよ。そしてコレクションはどれも地球の味を実感でき、食する者の口の中には新たなランドスケープが展開するって感じになるといいな。」3日後、グラムは5つの新しい商品作りにとりかかった。【カルダモンとココナッツ、グレインズオブパラダイスとアフリカンマンゴ、キャラメルプランタン、アフリカンカカオビーン、オーガニックレッドルーイバスティー】5つ全てのチョコレートにはアフリカ大陸の地図模様を 描きました。 ジョナサンのチョコレートがダルフ最大の難民キャンプ場、ザムザム地区の更なる発展に貢献出来る事を願いつつ、グラム氏は我々に真実でキャンディーコートされた逸品を振舞ってくれるでしょう。

    • design_press-us_29

      Chocolatier Magazine

      一流シェフ等をフィーチャーしたグルメ誌「Chocolatier Magazine」にコンパーテスのラブナッツが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_29

      Chocolatier Magazine

      一流シェフ等をフィーチャーしたグルメ誌「Chocolatier Magazine」にコンパーテスのラブナッツが紹介されました。

      ラブナッツは嵐の如くロスアンジェルスを巻き込むでしょう。細身のセレブですら虜になるでしょう。 キャラメルをかけられたローストアーモンドとタヒチアンヴァニラのトリュフや、シーソルト、エクストラブリュットココアパウダーを絡めた8~10層の厚いベネズエラミルクチョコに一体だれが耐えられるでしょうか。 オーガンザのギフトバッグパッケージはお勧めです。ジョナサングラムを代表する絶品、ラブナッツ。 Brentwoodのコンパーテス店舗やオンラインで大盛況です。

    • design_press-us_30

      Teen People

      十代女性向け雑誌「Teen People」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_30

      Teen People

      十代女性向け雑誌「Teen People」にコンパーテスが紹介されました。

      ここにスター達がはまりにはまっているもの:コンパーテスチョコレート Brentwoodにある店舗では「デスペレイトハウスワイヴズ」のマルシア・クロス(トリュフ愛食)やテリ・ハッチャー(トフィーとキャラメルされたチョコがお気に入り)をも常連客に持つチョコ職人のジョナサングラムがもてなしてくれます。

    • design_press-us_35

      Los Angeles Times Magazine

      NY TIMESに次ぐ人気雑誌「Los Angeles Times Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_35

      Los Angeles Times Magazine

      NY TIMESに次ぐ人気雑誌「Los Angeles Times Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      コンパーテスの新オーナーである、1984年生まれのジョナサン・グラムは新たなアイデアでマンネリ化していたチョコレートに息吹を与えました。 ウィリーワンカWannaBeの彼は父と祖母からその才能を引き継ぎました。 それはココアの達人が新鮮な材料を使って斬新フレイヴァーを開発し、誰も思いつかなかった甘みとサボりーのコンビネーションを生み出すチョコレート界のパイオニアに成長したという事でしょう。 「僕はアートやファッションにおいてブランドとして自分を売り出したいんです。」と自分の母親がなによりもの影響力を与えていると話すグラム氏。今はまだ未公開の5種類の新商品は月末から発売予定。コンパーテス310-826-3380オリーブオイルとフルールデセル:シャリシャリのソルトとピリッとした味を生み出すオリーブエッセンスのコンビネーションブラウンバターとセージ:セージはワイン風味でクリスマスツリーや大自然の緑をイメージさせてくれます。 オーガニック・ヴァーモント・メイプルシロップ:鹿の角の絵を描くので、冬が来るのを待ち続けていた思い出があります。 シナモンラテ:オーガニッククリームたっぷりにバターアップルパイ:極上の皮を使用していてアップルパイを食べているかのような感覚も味わえます。

    • design_press-us_32

      Food and Wine Magazine

      人気のグルメ雑誌「Food and Wine Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_32

      Food and Wine Magazine

      人気のグルメ雑誌「Food and Wine Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      私達は43年のスーパーマーケット時代からこの職人スイーツが大好きです。クランキーで噛み応えもあり舌に絡みつくような美味しさ。 コンパーテスプランタントリュフは歴代の絶品チョコレートの中でも5本の指に入る一品です。

    • design_press-us_33

      Domino Magazine

      女性向け生活誌「Domino Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_33

      Domino Magazine

      女性向け生活誌「Domino Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      伝統のアフリカンフレイヴァー(ココナッツ、プランタン、カルダモン)で 作られた色とりどりなチョコレートで、飢餓に苦しむダルフ救済に貢献しませんか。 ハンドメイドのカラフルなリリーフビーズブレスレットが全てのパッケージについてきます。 売上げの40%が現地の非営利団体を通してダルフ救済の為に寄付されております。

    • design_press-us_37

      Angeleno

      LA発のセレブリティーライフをフィーチャーした「Angeleno」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_37

      Angeleno

      LA発のセレブリティーライフをフィーチャーした「Angeleno」にコンパーテスが紹介されました。

      ジョナサン・グラムは若く、熱血。斬新なチョコレートを引っさげて、 セレブご用達の腕利きワインメーカーファミリーから転身。当時21歳でクラブ好きだった 活発的なジョナサンが任されたのは、一族によるブレントウッド・チョコレートショップ運営。 コンパーテスは発展、時代に最適化され、最先端のブティックへと成長しました。 今のところ順調。オールドファッションというテキサス風の概念を完全に食べつくし、 ラベンダーマシュマロや梅干プラム、はたまたラズベリーピンクペッパーコーンなどの トリュフを創り出しました。セレブ達の間ではチョコレートボーイなどと呼ばれる中、 エキゾチックなトーフィーやユニークな辛口チョコレート作りにも精を出すジョナサン。 チョコレートで結婚出来るのでしょうか?私はニックとジェシカへ去年のヴァレンタイン チョコレートをどうやって作ったのかを新婚プロデューサーに教えて貰いました。 もう少し私と一緒に過ごす時間があれば彼らは分かれずに済んだだろうに。 「朝食に会うチョコレートはありますか?」「コーヒートリュフの一杯だね。コーヒー とチョコが一体になっていて朝の目覚めにはお勧めです。」「アプリコットとかチェリーは?」 「だめだめ。アプリコットはチェリーをいつも台無しにしてしまうからね。」 「桃はどこで買うのがいい?」「日曜日の朝のハリウッド・ファーマーズマーケットだよ。僕 は全ての売り場を見て回っては味見をしてから購入してるんだ。」 「ダークチョコレートでは何を飲むんですか?」「Bonny Doon le Cigare Volant」 「それっていつもLAで争奪戦になっているあれの事ですか?」 「そうだよ。ハリウッドに人が沢山居る時は売り切れてもしょうがないけどね。 でも僕は二コール・リッチーとかメリー・ケイトのようにスリムになりたいんだ。 彼らにはもっと僕のチョコを食べてくれるように頼んでるんだけど。」

    • design_press-us_38

      Star Magazine

      セレブ情報誌「Star Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_38

      Star Magazine

      セレブ情報誌「Star Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      コンパーテスショコラティエはチョコレートで覆われたフルーツやエキゾチックな 味のトリュフに特化して、鹿の角や骸骨のお洒落なデザインで着飾った可愛いらしい LAのスイートショップです。Heidi KlumとSeal氏が良き友人であるデビッドベッカム 夫妻にコンパーテスチョコレート1箱をプレゼントしたそうです。

    • design_press-us_43

      Zink Magazine

      著名なファッション・生活誌「Zink Magazine 」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_43

      Zink Magazine

      著名なファッション・生活誌「Zink Magazine 」にコンパーテスが紹介されました。

      ジョナサングラムに会いましょう。ロスアンジェルスでコンパーテスショコラティエ のチョコで世の中を包み込む新時代のウィリーウォンカこと84年生まれのジョナサン グラムは、どうどうたる国内最年少のショコラティエ。大自然のナチュラルな 材料から作り出されるチョコレートはセレブの間でも話題の美味。 代表的なチョコレートであるラブナッツ、トリュフ、そして新感覚チョコレートバー はいつもトップセラー商品で、最高傑作を謳うコンパーテスを反映するその美味しさ には開いた口が塞がりません。チョコレートをどっぷりと頭から被ったフルーツや、 ホームメイドのチョコレートバー、フックの利いた極上スイーツ。 コンパーテスは少なくとも60種類以上の新しいチョコレート・ガナーシュ・トリュフを あのファーマーズマーケットで調達したフレッシュなオーガニック食材で作り出し てきました。マンゴー・サフロンやスモークソルト、七味唐辛子、ブラッドオレンジ、 サボテン、ラズベリーピンクペッパーとローズウォーター等、季節ごとに品揃えを 一新するなどとどまるところを知りません。もしも満足出来なかった場合は 常連の世界のセレブリティー達によるレコメンドが参考になるでしょう。 コンパーテスはデスペレイト・ハウスワイブズのマルシア・クロスやテリ・ハッチャー、二コレット・ シェリダン、説明不要の二コール・キッドマン、ブラッドピット、ジェニファー・ ガーナー、ケイト・ブランシェット等のセレブ御用達スイートブティックです。 コンパーテス・ショコラティエ Compartes.com or 912 S. Barrington Avenue, Los Angeles 310.826.3380.

    • design_press-us_43-17

      Los Angeles Confidential

      老舗情報誌「Los Angeles Confidential」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_43-17

      Los Angeles Confidential

      老舗情報誌「Los Angeles Confidential」にコンパーテスが紹介されました。

      チョコレートといっても本当に上質のチョコレート・・・アートとしてのチョコレートが コンパーテスショコラティエにあります。ジョナサングラムはファミリービジネスを新たな レベルへとお洒落なチョコレートで導きました。自然の材料でオーガニックも取り入れ、 コンパーテスウェブサイトでもご覧頂ける通り、ジョナサングラムはトリュフの歴史にロス アンジェルスを刻み込んだのです。そして二コール・キッドマンやマルシア・クロス、 マンディー・ムーア、ジェニファー・ガーナー等の著名セレブ達に満足してもらえるスイート として現在に至ります。街中でのトレンドになる事を企むグラムは常に新しいデザインや テイスト作りに余念を欠かしません。勿論、イングリッシュトーフィーや、チョコ漬けマシュマロ の他、人気のトリュフ(コーヒーカップに入ったスモークシーソルトやピーチ&ローズマリーの チョコレート等)はいつも在庫を切らせません。しかし、トースト・チェスナッツやキャラメル アップル&ブラウンシュガー、ヴァーモント・メイプル・シロップとウォルナッツのようなシーズン 限定となると、話は別で、手に入れるには早い者勝ちという状態になってしまいます。 また、癖になるオレンジバジル等のシャーベットやお手製チョコレートバー、そして 地元で採れた新鮮なフルーツを使ったチョコレート等、コンパーテスは比類なき最高峰ギフトと して成長する可能性を秘めています。ショップに設けられた綺麗なパティオラウンジで独り寛ぎ、 紅茶でも飲みながら自分の書類整理でもしようかと考えています。 Comparte’s Chocolatier, 912 South Barrington Avenue, Los Angeles, 310-826-3380; compartes.com.

    • design_press-us_49

      805 Living

      雑誌「805 Living」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_49

      805 Living

      雑誌「805 Living」にコンパーテスが紹介されました。

      コンパーテスショコラティエは50年以上の老舗ですが、この南カリフォルニアの歴史(慣習) が新たに真のチョコレート職人が居るホットスポットとして知られるようになりました。 ジョナサングラムは、サンタクルーズにあるBonny Doon Vineyardも経営する両親から コンパーテスの経営権を譲渡されオーナーになりました。 A&E’s Designing Blind showでもドキュメントになりましたが、ブレントウッドのショップは グラムの見地から、ウエストコーストに位置するお店という事を考慮し、心地よいバイブが 伝わるようにとの事で、一新されました。そしてコンパーテスショコラティエは、現代の気品ある チョコレート作りというミッションを新たに設けました。 キッチンで眠る昔ながらの銅で出来たキャンディーケトル、グラムは全てナチュラル原料と 最高品質の材料を使ってチョコレート作りに励んでいます。何に一番特化しているのかはよく 分からないのですが、クリームが注入されたトリュフ(ヴァレンタインデイに紹介された ローズラズベリーやBonny Doonフラムボワズフレイヴァーがお勧めです。)はいつもトップセラー で、アーモンドタートル等は根強い人気があります。ブティックはその他にチョコレートで 覆ったフルーツ(オレンジピール、ラズベリー、ピーチ、イチゴ)も作っています。好奇心を そそるであろう一品はタヒチアンヴァニラ・ガナーシュやフルール・ド・セル・キャラメルと ヘーゼルナッツ・ジャンドゥーヤでしょう。コンパーテス・ショコラティエはマシュマロや イングリッシュ・トフィーのような伝統的なスイーツも取り扱っております。以上のような 豊富なメニューからもコンパーテスショコラティエは沢山のセレブリティーから慕われる程の 人気を博しています。テリ・ハッチャー、二コール・キッドマン、ダスティン・ホフマン等が ストアを訪れているのです。しかしレッドカーペットセレブで無いと入店 出来ないという事ではありませんのでお気軽にいらしてください。貴方お気に入りの材料で チョコレートをカスタマイズする事だって可能です。

    • design_press-us_50

      Los Angeles Magazine

      トレンド生活誌「Los Angeles Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_50

      Los Angeles Magazine

      トレンド生活誌「Los Angeles Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      21歳になった孫の手に委ねられたチョコレートショップはレモングラスのトリュフを手懸けるようになった。 ジョナサンの大好評アソートメントはコンパーテスブレントウッドから。

    • design_press-us_49-20

      Flaunt Magazine

      老舗トレンド誌「Flaunt Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_49-20

      Flaunt Magazine

      老舗トレンド誌「Flaunt Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      アステカの人々によってチョコレートは神々の食料であると信じられ、コンパーテスショコラティエでその存在が今再び頭角を現しました。 86年生まれのジョナサングラムはその若さと才能をビジネスへ注ぎ込み、センスと時代を見据える洞察力で見事に開花しました。 「コンパーテスは常に流行を逃さず、シーズン毎にチョコレートも変われるようにしたいと思っていました。」 彼はお店のハート、そしてオーナー、更には職人として、そう教えてくれました。

    • design_press-us_50-21

      C Magazine

      カリフォルニア発のライフスタイルマガジン「C Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_50-21

      C Magazine

      カリフォルニア発のライフスタイルマガジン「C Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      チョコレートボーイとして知られるジョナサン・グラム。21歳でブレントウッドにあるコンパーテスショコラティエのオーナーへと成長する。ラベンダーやヴァイオレットを流し込む斬新な商品を発売。他にもハンドメイドのマシュマロ・トリュフやダブルディップされたオレオなども注目。

    • design_press-us_72

      Space Magazine

      ライフスタイル誌「Space Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_72

      Space Magazine

      ライフスタイル誌「Space Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      ピュア派。この世界はもっと良くなる。そして、チョコレートとなると、我々は4大陸から選び抜いた最上級のずば抜けたチャンピョンエッセンスと、1950年代にロスで最初にヨーロピアンスタイルを広めたブレントウッドのチョコレートショップの現代版を思い浮かべる。 ピュアさは若い豊かさと創造力から成る。全てはこのバーリントンアベニューにあるコンパーテスというチョコレートショップで知ることが出来るだろう。ミセス・コンパーテも驚くに違いない。そしてその彼女の名前が若干22歳になったジョナサン・グラムという実業家によって受け継がれていると言う事を知ったら喜ぶに違いない。 Bonny Doon Vineyardsの後継でもあったグラムは、格式高いコンパーテスショップの主権を握り、更には単なるチョコ好きの職人ではなく、ビジネスとしての先導役にも成長しました。これといって料理学校やビジネスの勉強をした訳でもなかったが、若くしてチョコ通だった彼は人生の大半をカカオの美味しさや知識の習得で過ごしてきました。 「我々はたったの4人ですが、みなアーティストだと考えています。」とジョナサン 「私は自分のやる事がとても好きです。」 大好評のガナーシュトリュフはチリ、カレー、お茶、レモングラス、マンゴ/バジル、タマリンドパパイヤとラズベリーピンクペパーコーンなどで一口で虜になる事間違いありません。 料理アーティストとしてグラムはチョコレートの世界に何の障壁も無く、ヴァレンタインチョコレートのテイスティングメニューを作ったり、ラベンダーとローズペタルをマシュマロに入れてみたり、バーリントンにあるパティオでスイーツやサボリーの様々なメニューを取り揃えたキャンドルディナーパーティー等あらゆる事に情熱を持って取り組んでおります。「私達はホームメイドのピーナッツバターカップのようなミセスコンパーテスのオリジナルレシピでのチョコも引き続き作っています。そして地元LAを中心に話題を呼ぶような新たな商品も追加しました。」 コンパーテスショコラティエはマシンで生産されるGodivaとは大きく異なります。 「我々がグルメで美食家という事は分かって頂けると思います。しかし我々は誰もがアプローチ出来るフレンドリーな存在ですので、是非ともご来店頂き、お話でもさせて頂ければと思っております。」

    • design_press-us_60

      bride-and-bloom

      ブライダル関連の情報誌「bride-and-bloom」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_60

      bride-and-bloom

      ブライダル関連の情報誌「bride-and-bloom」にコンパーテスが紹介されました。

      注目の食:スイーツと言っても、貴方好みの選択やカラーでカスタマイズ出来る創作チョコレートフレイヴァーを楽しめます。 食の鑑定家で無ければいけないなんて事は全く無く、これらの味を自由に楽しむ事が出来るのです。 貴方好みのカラーやデザインでオリジナルトリュフを作ってみてはいかがでしょうか。ゲストの方々へのまたとないおもてなしになると思います。 ジョナサンの大人気トリュフはコンパーテスショコラティエから。compartes.com

    • design_press-us_56

      Westways Magazine

      カー雑誌「Westways Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_56

      Westways Magazine

      カー雑誌「Westways Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      50年以上に渡る老舗でもあるこの小さなショップは、3人のオーナーを通しても尚当時のレシピ を大切に引き継いでいます。チョコレート漬けのフルーツで知られたコンパーテスは、去年に 新オーナーがジョナサングラムになって以来、数々の新商品をリリースしています。彼の 代表作「ラブナッツ」はお気に入りで、何故ナッツがタヒチアンヴァニラビーンでキャラメル するのか、何故シーソルトを散りばめるのか、何故チョコレートに漬けるのか、そしてココア パウダーを絡めるのか、一度味わえばその理由はいうまでも無く、誰も逆らうことは出来ない でしょう。ピーナッツバターを含め全て自家製です。そして中にはシュガーフリーの商品もあります。 まるで過去に居た南カリフォルニアのショコラティエを見ているようです。高級ダークチョコ で作り出したその味は未知なるものでした。たびたび、チョコレートはチリスパイスを絡めたり、 ハーブやティーをガナーシュに入れたりします。もしくは新鮮なフルーツであるラズベリーも使用します。 チョコレート自身としては保存料など一切含みません。味は型破りなものかもしれませんが、それも楽しみの一環でしょうと、カリフォルニア・ブレントウッドにあるコンパーテスのショコラティエの ジョナサングラムはそう話してくれました。 「ある日、ドライジンジャーがキッチンにあったので唐突にジンジャートリュフを作ってみようと 思いつきました。」グラムはそのほかに、季節素材などを多く使用し、マンゴやパンプキンや、 ドライソルトの日本の梅干ですらトリュフにしてしまいました。常に新しいものを作り続けている チョコレート職人は普通パッケージボックスなどは用意しません。「あらゆる経験の詰まった チョコレートです。そして私はご来店頂いた方々とチョコがみなどのように して作られているかを話したりもするんです。毎日チョコが作れて幸せですよ。みんな喜んでくれるんですから。」

    • design_press-us_57

      Metro Source Los Angeles

      ライフスタイル誌「Metro Source Los Angeles」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_57

      Metro Source Los Angeles

      ライフスタイル誌「Metro Source Los Angeles」にコンパーテスが紹介されました。

      チョコレートは時折、催淫剤として大人の遊びと考えられたりもしますが、その辺の ハーシーズとは比較にならない程のクオリティーとテイストを提供する真のチョコ職人が 居ました。ロスアンジェルスにあるコンパーテス・ショコラティエの閑静なブレントウッド の街は55年以上もの間、贅沢なハンドメイドチョコの歴史を支えてきました。そして コンパーテスの馴染み客はというとオスカー受賞のセレブからデスペレイトハウスワイブズ 等数知れません。「チョコレート作りの歴史を尊重して僕は楽しみたいんです。」 とオーナーのジョナサングラムは86年生まれのUSA最年少ショコラティエは話しました。 創作技術は彼が創設者であるミセスコンパーテからオリジナルレシピを通じて覚えたようです。 そして失敗に失敗を重ねてついに創設者の代表的なチョコ漬けフルーツに並ぶオリジナル チョコレートを開発しました。ティラミス、マンゴベール、ジャスミンティーチョコレート ガナーシュトリュフ等です。これらの新商品はテリ・ハッチャーや二コレット・シェリダン、 二コール・キッドマン、クリスチャン・ベール、そしてフェイス・エヴァンスまでもを 虜にしてしまいました。「3~4種類の味を混ぜて作るのが好きです。」グラム自身の 代表作であるラブナッツは彼のマルチフレイヴァーの哲学に基づいて作られているそうです。 アーモンドやペカンを丸ごと甘いキャラメルで絡め、味わい深いソルトやクリーミーなミ ルクチョコレート、極上のダークココアパウダーを使用したりしています。しかし、 なにかロマンチックな演出などをお考えてでしたらとグラムはヴァレンタインデイ 等に人気のチョコ漬けのストロベリーをレコメンドしてくれた。そして、「どのような高級チョコレート も冷蔵庫では保存したりしないんです。購入した日に、新鮮なうちに召し上がるのです。」 すなわち、安いチョコが沢山入っている1箱を購入するより、グラムのいう通りに「特別 ならばそれなりに良いもので」という所でしょう。

    • design_press-us_61

      Item Magazine

      ホーム用品紹介雑誌「Item Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_61

      Item Magazine

      ホーム用品紹介雑誌「Item Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      チョコレートを食べる事で心臓病やガンの危険回避になるという説がある事を貴方は知っていたでしょうか。 そして例えそのような病気の人は、ストレス軽減などで1年以上もの延命が図れるということも。いずれにしましてもこれらが実証する事が出来ない間だけでもブレントウッドのコンパーテスショコラティエは祝日ギフト選びのストレスから開放されるでしょう。コンパーテスのお手製チョコやエキゾチックなガナーシュトリュフのアソートメントを目にした瞬間そのユニークさに貴方はこれだと思って頂けるはずです。55年以上もの間そのクオリティーは数多くのセレブリティー達にも知れ渡ってきました。 86年生まれのジョナサン・グラムは実権を握って以降、溢れんばかりの創造性をお店へ注ぎ込み、人気店へと成長させました。今も尚コンパーテスは見事な創作技術で、マンゴ・サフロンやラズベリー・ピンクペッパーコーンのユニークなフレイヴァーを提供し続けています。常に新メニューで目白押しの商品の中にはパンプキンスパイスやエッグノッグなどもあり、ギフトボックスやホリデイ用のバスケットサイズでの販売も行っています。

    • design_press-us_62

      Where Magazine

      飲食系雑誌「Where Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_62

      Where Magazine

      飲食系雑誌「Where Magazine」にコンパーテスが紹介されました。
      ショコラティエ・ジョナサン・グラムは22歳の時、人は一つ以上の味を同時に感じる事が 出来るという味覚に気づきました。グラムは14歳の時に料理の楽しさを知り、19歳の時、 ラブナッツを開発しました。彼は中世期の地味なチョコレートショップに新たな息吹を 吹き込みました。コンパーテスショコラティエは生まれ変わり、スパイシーなチリペッパーや サボテンの花、レモングラスやバーリーモルト、ピーチローズマリー、ストロベリーバルサミコ、 ローストパインナッツなどのトリュフを販売するようになりました。 サポーターも数多く居ます。たとえばインテリアデザイナーのEric.B(Eric Brun-Sanglard of A&E’s Designing Blind)はブティックスペースをお洒落なチョコレートラウンジに改造してくれました。 「このような改装は自分の作り出すチョコレートの雰囲気などにもぴったりでよかったです。」 そして僕達がどのようにしてチョコを作っているか、チョコレート工房ってどんなものなのかが 見えるように大きな窓も取り付けたんですよ。」

    • design_press-us_64

      Decor & Style

      高級家具インテリア雑誌「Decor & Style」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_64

      Decor & Style

      高級家具インテリア雑誌「Decor & Style」にコンパーテスが紹介されました。
      チョコレートは老若男女みんなのスイーツです。現代のウィリーワンカ ジョナサン・グラム はロスアンジェルスのコンパーテスショコラティエに居ます。アメリカで唯一の最年少 ショコラティエである(1986年生まれ)ジョナサン・グラムはアメリカで最も古い駄菓子屋 に入る歴史あるチョコレートショップを一新しました。彼は自分の歳の倍はある程の銅で出来た 古びたキャンディーケトルを使ってゼロから今の人気商品を開発しました。グラムは一切 保存添加物などは使用せずに情熱だけで作り上げました。「私の祖母は食通だったこともあり (彼の一家はBonny Donn Vineyarというサンタクルーズにある著名なワインメーカーを経営)私はこの世界に引き込まれました。14歳以降、アートとしてのチョコレート作りに没頭するように なりましたが、勿論今も尚学び、経験を重ねております。私はチョコのデコレーションから 入りましたが、後にラブナッツの発明に成功しました。生きている限り、そしてチョコレートが ある限り、新しい開発への機会は絶えません。もしも美味しいレストランなどへ行った時等は その興味を惹いた味の感想や食材のメモを取ります。そしてその後はチョコレート工房で実験です。 グラムの代表作であるラブナッツは、ちまたでも一番美味しくてオリジナルチョコだと絶賛 される程で、味わいあるスイートナッツでチョコレートとのブレンドが文句なしです。」 彼はチョコ漬けフルーツの他、ホームメードのお菓子や幾種類にも及ぶ美味しいスイーツ作り専門で、ヨーロッパ伝統で昔ながらのマジパンからヌーボーキャンディーまで、ダークチョコレートトリュフにスパイスを流し込み、その表面にはグラムオリジナルデザインを施しハリウッドでコンパーテスはチョコレート好きの方達には堪らないスポットなのです。デスペレイト・ハウスワイブズ出演のテリ・ハッチャーや、マルシア・クロス、そしてニコレット・シェリダンはコンパーテスの常連客です。 また、あのニコール・キッドマンやジェイ・レノ、ブルース・スプリングティーンやダスティン・ホフマン、ラブ・レイナー等数知れません。「私にとって皆さん個人個人の意見や感想を聞かせて頂く事はとても重要で、それらを参考にまた彼らのお気に入り商品開発に役立てたいと思っているんですよ。」

    • design_press-us_15

      Los Angeles Magazine

      「Los Angeles Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_15

      Los Angeles Magazine

      「Los Angeles Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      半世紀も前にミアーナコンパーテスが創設した当時とは少々変わりました。 お店の裏にある小さなキッチンで働く従業員、そして全てハンドメイド。 トリュフ用のクリームとフレッシュなバターやボンボンは当時のアイロンストーブを使用しており、コンパーテスのチョコ漬けフルーツは慎重な手作業のもと作られています。 今も尚引き継がれている事が一つあるということ。チョコレートはオンラインでも販売されておりますが、コンパーテスのサンドレンチフレイヴァーや魅力的なチョコレートは際立ちます。甘さが無くても彼らのライバルはもっとも素晴らしいと絶賛されるトリュフや美味いと賞されるチョコレート ピーカンタートルです。 新鮮なカリミルナ種イチジクを裂き開いて、ウォルナッツにかける為に熟したプルーンを包み そしてその実を閉じる。凄い長い時間を割いてアプリコットを準備します。昔はこれらの贅沢な フルーツは赤い木箱でパックされ、フランク・シナトラという人の手によって行く年も世界へ 出荷されていました。 コンパーテスオーナーが新しくなって以来、長年の愛用者は息を呑みました。 しかし、イタリアングルメクッキーの輸入に携わっていたことのあるボブ・グラム氏は心配する 必要は無いと言い、新たなコンパーテスは出発しました。「コンパーテスを訪れた時をよく覚えている。 これはビジネスで、僕は経営したくなったんだ。長年のコンパーテス菓子作り職人の伝授の甲斐もあり、グラムはフルーツにチョコレートを漬けるという事を思いつき、宝とも言える素材を活かした絶品を作り出せるようになったのです。そして彼はミセス・コンパーテスのバターレシピボックスをこの仕事を通じて引き継ぎました。

    • design_press-us_16

      Brentwood Magazine

      トレンド誌「Brentwood Magazine」にコンパーテスが紹介されました。

      もっと詳しく

      design_press-us_16

      Brentwood Magazine

      トレンド誌「Brentwood Magazine」にコンパーテスが紹介されました。
      LAビバリーヒルズ発ファッション・トラベル・エンターテイメントを主に扱うトレンド誌 1994年以来年6回の発刊で時代に旬な情報を届けている。 若干22歳の時、ジョナサン・グラムはブレントウッドのコンパーテスショコラティエで 料理アーティストに目覚めました。 地元はもう何年もコンパーテスを良く知っていましたが、ジョナサンの手にお店が渡る時、フランク・シナトラはいつも通りでした。 今はサンヴィンセントのバーリントンサウスへ移転しましたが、最初はモンタナで、20年もの間地元のお菓子屋として親しまれてきました。そして時と共にオーナーも変わり、5年前にコンパーテスはジョナサンの一家によって買い取られ、雲行きが危うくなったかのように見えました。 しかし、その3年後コンパーテスは驚くべき進化を成し遂げました。ナショナルマガジンでも所在地等の詳細が掲載されております通り、ダスティン・ホフマンやニコール・キッドマン、テリ・ハッチャー等の大物セレブから絶大な支持を得ております。 ではどのようにしてそのような成り上がり劇が起きたのでしょうか。 答えはジョナサン・グラムです。若干19歳にして彼はお店の全てを担う事になりました。未成熟状態だったコンパーテスにジョナサンは可能性を感じたのです。 率直に言うと、彼の家族もジョナサンに託せば百発百中だと確信していたのです。経営や料理の世界で何も公式な資格が無かったにも関わらず、ジョナサンは3年という歳月だけでそのお店を成功へと導き出したのです。 ある人が教えてくれました。ジョナサンの秘密は直感と熱意だと。 彼は古いものに身を浸して新しいものを創造しました。 「チョコレートと言えばコンパーテスでしょ。アプリコットやオレンジピールのフルーツをチョコ漬けにした大ヒットスイーツは我々のマスターピースです。そしてコンパーテスにどっぶり浸かる私のお気にはトリュフとガナーシュですね。」 トリュフの種類はキャラメルからカクタス、ストロベリー、パパイヤ、マンゴー、レモン、そして ホームメイドのトフィーなどがあり、ジョナサンは数々の文化にも影響を受けて商品開発に励んで いるとの事。 「私が思うには、チョコレートはとても基本となるテイストで、わずかなアプローチでそれは無数の味わいへと姿を変えるんです。いつも何故もっと楽もしいものが出来ないのか、何故チョコとナッツであったり、チョコとキャラメルといった感じで自ずとアイデアを殻に閉じ込めてしまうのか。と思っています。私の哲学はシンプルな材料でベターテイスト。」 チョコレートは全て70~75%のココアで出来ており、全てゼロから作り上げております。そして、 マシュマロからピーナッツバターといった感じでピーナッツバターを作ります。全てのチョコは 全工程ハンドメイドですので、3日位かけて丹念に作り上げます。 チョコを作った事の無い方はコンパーテスの代表的なチョコをお勧めします。 果実の実とまた別の実、そしてローストアーモンドをチョコ漬けにしたフルーツチョコ等です。お店へ足を運ぶと、デスクワークやチョコ工房での準備で忙しそうにするジョナサンを見かけるでしょう。彼は自慢げに他のお店との違いを明確にして説明してくれます。 「25万ポンドものスイーツがこの小さなキッチンで作られているという事を信じられますか?」 彼は家族と見られる3人のアシスタントと共に働き、お店に改革を齎しました。 やりてのジョナサンは、A & E reality show Designing Blind(再建を手懸けるリアリティーショー) へ出演したのですが、プロデューサーは最初、小さくて可愛いショップに手を加える事を 躊躇っていました。しかし、ジョナサンはそれをものともしませんでした。 「プロデューサーに言ったんです。僕のチョコレートを見て、味わってみて下さいよ。今のお店のイメージと僕、そして僕のやっている事がどれほどずれているか分かりませんか?と」 店舗イメージは両親達のイメージするブティックのチョコレートストアーです。彼は訪れるお客達に対して、お店の中や外のパティオで是非ともチョコレートを召し上がっていって頂けるようにと話します。コンパーテスは先日新たなメニューとしてホームメイドのホットチョコレートとエリクサーティーを追加しました。 ジョナサンの情熱はそのようなコンパーテスで熟成された美味しいメニューの他、敏腕シェフやさまざまな料理に出会うべく、世界中を一緒に連れて回ってくれた彼の母親へも向けられているのでした。 どんな実験も恐れないジョナサンは「チョコレートを使えばどんなものでも更に美味しくなるような気がしますよ。」 と誇り高げに話すと今度は、「実はBon Appetit Magazine(米著名料理雑誌)がチョコレートの特集を組みたいって連絡があったんだ。」と話してくれた。いずれにしても沢山の誇れる素材を持っているジョナサン。今日もチョコレート作りに余念を欠かさず、「貴方も食べてみて下さい。」と自信たっぷりに試食を進めてくれるのでした。